←目次 今日から使える! ビジュアライゼーションの基礎講座

データ可視化(ビジュアライゼーション)とは、数字や文字の羅列から、効果的にデータの中身を伝える手段である。可視化の効果は文字情報と比べて、読み手に対し大きなインパクトを与えられることだ。ただ、良いデータ可視化とはどういったものか知らない人も多いのではないだろうか。使ったことで逆効果を生んでは本末転倒だ。本連載の第1回はデータ可視化で押さえておくべき基本的な考え方を整理する。

効果的なビジュアル作成には覚えておくべき基本がある(c)Shutterstock

 データ可視化とは、数字や文字の羅列から、効果的にデータの中身を伝える手段である。ビジュアライゼーションともいい、要素としては概念図やグラフなどを含む。これらをビジュアルという。

 可視化の効果は、多くの研究が立証している。ビジュアルは文字情報と比べて直感的に把握できるという長所がある。SNSでも、文字のみと比べて画像・動画付きの投稿は、いいねされたり、シェアされたりする場合が多いようだ。ビジュアルを活用することで、読み手に対し効果的にインパクトを与えられる。

 企業でもデジタルマーケティングなどを通して、効果検証を行っている。効果が明らかになるにつれビジュアル利用はトレンドになった。2016年6月号の米ハーバード・ビジネス・レビュー誌の記事「Visualizations That Really Work」は、データ可視化は管理職の必須スキルとなったと言い切っている。私は、しかし、自信をもって使いこなせる人は多くないとみる。なぜなら、良いデータ可視化とはどういったものかを知らないからだ。

 本稿では、データ可視化で押さえておくべき基本的な考え方を整理する。具体的なグラフ作成のベストプラクティスを以降の回で連載していく。数字に強くなくても、基本的なテクニックを知るだけでビジュアルを格段に分かりやすく作れるようになるだろう。可視化に必要なのは、センスではなく、知識と場数だ。

 今回は日本政府観光局(JNTO) がまとめている訪日外国人数を例に取って説明する。訪日外国人数を可視化するだけでも多様な表現が思いつくが、ここでは、「国・地域別の比較」「国・地域別の過去2年の比較」そして「目的に応じた表現」の3つについて、NG例とOK例を挙げ対比させていく。よく見比べてほしい。

とにかくシンプルに、見た目を追わない

 ビジネス用途に使うための「良い可視化」とは、映えるものではなく、誰にとっても分かりやすいもの。すなわちシンプルな表現である。

 表現の解釈や結果の読み取りに説明が必要なものや、奇をてらったものは、基本的に使わない。見た目ではなくデータの中身に集中し、誰でも一目で理解できるビジュアルを目指そう。

 訪日外国人数を国・地域別で見る目的でビジュアルを作った。