←第19回 三越伊勢丹HD前社長・大西氏「羽田から日本カルチャーを発信」

2017年3月に三越伊勢丹HDの社長を辞し、18年6月末、羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングの副社長に就任する大西洋氏。その大西氏に、現状の百貨店をはじめとする小売り業界が抱えている課題や、それを乗り越えていくために必要なことなどを聞いてみました。

 本連載は「この人の『勘』や『感』の見方を知りたい!」と思った方にお会いし、仕事に「勘」や「感」は必要なのか。そして、どのように磨けばいいのかについて、失敗談も含めて聞いていくものです。それも、難しい書き言葉ではなく、分かりやすい話し言葉で。読者の皆さんにとって、未来に向けたヒントになれば幸いです。

 今回は前回「三越伊勢丹HD前社長・大西氏『羽田から日本カルチャーを発信』」に続き、大西洋さんにご登場いただきます。大西さんは2017年3月に三越伊勢丹ホールディングスの社長を辞し、18年6月末、羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングの副社長に就任するとともに、7月には100%子会社の羽田未来総合研究所の社長に就任します。

 前回は、大西さんが今後やっていこうとしていること――日本のカルチャーを横ぐしにするプロジェクトを立ち上げることや、未来を担っていく優れた人材をサポートすること、東京五輪開催を視野に入れながら羽田空港の中に新しい売り場を作ること、羽田未来総合研究所として、いずれはマーケティングやコンサルティング機能を備えることなどについて、お話を伺いました。

 今回は、大西さんがなぜ百貨店業界に入ったのかを皮切りに、現状の百貨店をはじめとする小売り業界が抱えている課題や、それを乗り越えていくために必要なことなどを聞いてみました。