←第5回 ユーザー観察を基に「高級ゴム手袋」を企画したワケ

山崎金属工業/カレー賢人

*山崎金属工業のカレー専用スプーン「カレー賢人」の「サクー」。価格は1250円(税別)

 金属洋食器メーカー、山崎金属工業(新潟県燕市)の「カレー賢人」は、カレーを食べるためだけに開発した専用スプーンだ。2017年7月に発売するや人気に火がつき、3カ月で1万本を売り上げるヒット商品となった。安いスプーンなら100円ショップでも買えるが、カレー賢人は1本1250円(税別)という高価格。にもかかわらず人気に生産が追いつかず、18年3月にはやむなく販売を一時休止するほどだった。

 カレー賢人には「サクー」と「キャリ」の2つのモデルがある。ユニークなのは左右非対称のサクーの方で、全体の6〜7割の売り上げを占める。一般的なスプーンでは尖っている先端が、サクーでは斜めの緩いカーブを描いているのが大きな特徴だ。この先端を使って、カレーの大きな具材を名前通りサクッと「割く」ことが容易になるという。さらに、スプーンの先端と皿が接触する部分が一般的なスプーンよりも長くなるので、皿に残った米粒やルーをすくいやすい。この新しいデザインを生みだしたのは、1人の若手社員による“カレーの聖地巡礼の旅”だった。