←第1回 製造業から脱却迫られるトヨタ 世界を席巻し始めたMaaSとは

モビリティ革命「MaaS(Mobility as a Service)」の実像に迫る特集の2回目。MaaSという概念が生まれた地、フィンランドに飛んだ。世界が注目するベンチャー、MaaSグローバルが展開するモビリティサービスの統合スマホアプリ「Whim(ウィム)」は、どこまで移動を便利なものに変えてくれるのか。また、Whimのような統合サービスの土台となり、官民学連携でオープンデータとオープンAPIを実現するフィンランドの仕組みづくりを解き明かす。

世界の注目を集めるMaaSグローバルのスマホアプリ「Whim」

 カーシェアやタクシー、鉄道、バスなど、あらゆるモビリティサービスを統合し、快適で割安な移動体験をもたらすMaaS(Mobility as a Service)。その源流を求めて、筆者がフィンランドを訪れたのは、氷点下の厳しい寒さが続く3月のこと。ここには、MaaSという概念の「生みの親」であるSampo Hietanen氏が率いるベンチャー、MaaSグローバルがある。同社が展開するモビリティサービスの統合スマホアプリ「Whim(ウィム)」は、実際どのような使い勝手で、どこまで移動を便利なものに変えてくれるのか、現地ヘルシンキでの体験レポートをお届けする。

 また、フィンランドのMaaSを語るうえで欠かせないのが、Whimのような統合サービスの土台となり、官民学連携でオープンデータとオープンAPIを実現するビジネス生態系「エコシステム」だ。ユーザー接点として、そのメリットが分かりやすいのはWhimだが、MaaSの本質は、まさにこのエコシステムにある。運輸と情報通信を所管する「フィンランド交通通信省」、ヘルシンキ周辺で営業する公共交通の路線計画や切符の販売を行う「ヘルシンキ地方交通局」、異なる交通モードの情報通信ネットワークの高度化を官民学で検討する窓口となる「ITSフィンランド」の取材を通じて、フィンランドにおけるMaaSの裏側の仕組みをひも解く。