←第4回 薬の販売から“婚活”まで 何にでも使えるP&Gフレームワーク

Facebook Japan社長の長谷川晋氏も、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)出身のエリートマーケター集団「P&Gマフィア」の一員だ。P&Gで学んだプロジェクトマネジメントの手法を自身のキャリアプランに活用。誰もが羨むポジションを手に入れた。

 「すごくパーソナルな情報ですので、中身は写さないように」。長谷川氏はカメラマンにそう釘を刺しつつ、照れくさそうに1冊のノートを取り出した。

 どこにでもあるコクヨ製のキャンパスノート。表紙には「Project “MAUI”」と書かれている。これは長谷川氏の人生設計をつづったノートだ。「人生の最後のパートはライフワークとして情熱のある仕事にささげたい。その場所が(米国ハワイ州の)マウイ島だと思った」と長谷川氏は言う。人生の終着点を米国ハワイ州のマウイ島に定めたところから、このプロジェクトは名付けられた。

 ノートの1ページ目にはマウイというゴールに向けて、いつまでにどういったスキルを身に付ける必要があり、それには何歳の時に転職を検討すべきかといったことがまとまっている。「5歳を1つの区切りに、目的に近づいているかを毎年レビューする」(長谷川氏)。