←第3回 資生堂が売上高1兆円 その裏にP&Gマフィアの組織大改革

「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のマーケティングフレームワークは、BtoB(企業向け)事業から“婚活”まで、その効力を発揮する」。こう笑うのはアストラゼネカで執行役員を務める野上麻理氏だ。P&Gから製薬会社に転じ、医療関係者が顧客となったが、P&G流のマーケティングリサーチを駆使して実績を上げている。

アストラゼネカ執行役員の野上麻理氏