←第8回 「あらゆるビジネスの中でAIはDay1」 AWSエバンジェリスト語る

来るボイスファースト時代に、米アマゾン・ドット・コムの「Amazon Alexa」がどれだけのポジションを獲得できるかは、アマゾンのAI技術の実力に左右される。その片りんを感じさせるのが、ディープラーニングを用いた画像認識技術を駆使したレジなしコンビニ「Amazon Go」だ。その全貌を独自作成した「Amazon Goマップ」で解説する。

 日経クロストレンドの創刊記念イベント「日経 xTREND FORUM 2018」内では、「Amazon Goの衝撃~その先にある新たな買い物の世界~」と題して、『世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略』の著者でオイシックスドット大地 執行役員の奥谷孝司氏、2009年から2016年までAWS(アマゾン ウェブ サービス)で日本のマーケティングを統括していたABEJA マーケティングディレクターの小島英揮氏、すかいらーくで顧客データ分析を牽引していたリノシス代表取締役の神谷勇樹氏の3人が議論する。日時は6月18日(月)午後1~1時40分。

 「世界よ、これが未来の買い物だ」──ジェフ・ベゾスが高らかに宣言しているかのような店舗だった。

 アマゾンが米シアトルの本社ビルで運営する「Amazon Go」は、ディープラーニングを駆使した画像認識技術で、「Just Walk Out(商品を取って出るだけ)」で買い物ができる“レジなしコンビニ”だ。どのような買い物体験ができるのか。その実力を検証すべく、3日間通い詰めた。