←第1回 来客数予測を食材発注やスタッフ配置に生かす伊勢の食堂

 ヤフーはスマートフォン向けに提供しているアプリ「防災速報」の利用者から許諾を受けてGPS(全地球測位システム)を利用して位置情報を取得。本人が特定されないように匿名化したうえで、予測に活用している。この位置は常に取得しているわけでなく、一定の条件下で移動した際に取得しているという。

 Yahoo! JAPAN研究所の坪内孝太上席研究員は「データ量は1日に約1億5000万行と2011年の7倍以上になっている。1日で幹線道路をカバーできるくらい」と説明する。

位置情報の活用について説明するヤフーの坪内氏

 坪内氏らは、これら蓄積した位置ビッグデータを分析して独自の「バイリニアポアソン回帰」と呼ぶ予測モデルを開発した。特定の場所や曜日・時間などの条件を入れると人出が予測できるものだ。「ビッグデータから人や街の『いつものパターン』が抽出できるようになった」(坪内氏)。