大手スーパー・西友のPB(プライベートブランド)として生まれ、その後日本を代表するSPA(製造小売り)として発展を遂げた「無印良品」──。最近は商品を作って売るだけでなく、商業施設や公共施設の空間をプロデュースする事例も増えてきている。その集大成として位置付けられるのが「MUJI HOTEL」。1号店を中国・深センで開業したその狙いを、現地を訪れて探った。

世界初のMUJI HOTELができたのは、中国で最先端のトレンドが生まれる都市・深セン

 「無印良品」を展開する良品計画は、2018年に入ってから、鮮魚、果物、野菜など生鮮食品まで取り扱う世界最大規模の旗艦店「無印良品イオンモール堺北花田」を3月にオープン。4月には千葉県鴨川市で、道の駅の指定管理者として「里のMUJI みんなみの里」を開業させた。さらに年内には無印プロデュースの駅ナカまで出現する予定。現在、進んでいる京阪電気鉄道枚方市駅のリニューアル工事の監修を担当しているのだ。いずれも、「アンチゴージャス・アンチチープ」という無印良品のコンセプトを、商品だけでなく、体験を通じて伝えていこうという取り組み。その集大成として位置付けられるのが「MUJI HOTEL」だ。

MUJIの世界観をホテルを通じて訴求へ

 無印良品の商品は、衣類、食品、日用雑貨、家具、インテリアなど衣食住の多岐にわたっている。日常生活のほぼすべてを無印の商品で賄うことが可能だが、そんな“無印漬け”の生活を送っている人はそうそういないはずだ。しかしMUJI HOTELでは部屋の内装・アメニティーからレストランまですべてを無印がトータルコーディネート。「無印良品の思想を体感できるホテル」(良品計画)で、その世界観にどっぷりと浸ることができる。つまり、ホテルでの体験を通じて無印良品の世界観を広め、商品の購買につなげようという狙いが見える。

 19年春に東京・銀座にオープンする予定のこのホテル、実は中国で既に営業を始めている。中国南部の深セン市に18年3月にオープンした「MUJI HOTEL SHENZHEN」だ。世界第1号店となるこのホテルを、一足先に見てきた。

 MUJI HOTELがオープンしたのは、深センの中心部・福田区。「深業上城(Upper Hill)」という複合商業施設の中にある。これは日立製作所の工場跡地の再開発プロジェクトで、東京でいえば六本木ヒルズのようなもの(名称もよく似ている)。高層のオフィス棟やタワーマンション、ショッピングセンター、深センに多いIT・デジタル産業の展示施設などからなる。

MUJI HOTEL(左の建物)は無印良品の旗艦店と同居。周囲には高層ビルやタワーマンションが立ち並ぶ