NEC史上最年少の33歳で研究員の最高位に就いた藤巻遼平氏が退社し、同社からカーブアウトした米シリコンバレーの新会社「ドットデータ(dotData)」の経営者となる決断をした。NECがAI(人工知能)分野で強みを持つ異種混合学習と呼ぶ技術を開発した実績を持つ藤巻氏。ビッグデータの本場で挑む勝算について聞いた。

藤巻遼平氏。NECのシリコンバレー拠点にあるデータサイエンス研究所・主席研究員。新会社ドットデータのCEO(最高経営責任者)に就任予定。記者会見などフォーマルな場にも寿司などの日本をイメージするポップなTシャツとパーカー姿で現れる

ライバルと同じ体制で真っ向勝負

なぜ、NECから飛び出そうと考えたのか。2017年11月のインタビューではNECのような大企業でR&D(研究開発)を裁量を持って自由にやらせてもらっていることに満足していると言っていたが。

 我々が取り組んでいるデータアナリティクスやAIの分野において、世界と真っ向勝負で戦うためだ。そうした思いが次第に大きくなってきていた。動きが極めて激しい分野であり、世界のライバルと伍してプロダクトを市場に出すスピードで負けてしまう。

 こうした分野はR&D、製品開発、事業部、それぞれがそれぞれの役割をしっかりとこなすこれまでの大企業型では通用しないと思っている。

 自分自身が、R&Dだけでなく、スタートアップのように、製品の企画からマーケティング、販売まですべての事業をやりたいとの思いも以前から持っていた。プロダクトオーナーとして、ビジネスのスペックも自らが決めたい。