遠隔操作ロボットの研究・開発などを手掛けるベンチャー企業のメルティンMMI(東京・新宿、以下MELTIN)が、新しい技術を活用したロボット「MELTANT(メルタント)」の製品化を急ピッチで進めている。遠隔操作ロボットの一種で、人間が踏み込めない危険な場所での使用を想定。これまでの遠隔操作ロボットよりも重量物を持てるだけでなく、人間の手と同様に細かい動きも忠実に再現できるという。「もう一つの身体」を意味する「アバター」として売り込む。

「MELTANT(メルタント)」の映像など総合的なクリエイティブディレクションではビジュアルデザインスタジオWOWが、プロダクトデザインではTAKT PROJECTが担当するなどデザインの要素も重視

 MELTINは、人体を流れる電気信号を解析して人間の動作を忠実に再現する「生体信号処理」と、人体の構造を模倣することで既存の遠隔操作ロボットが実現しにくい動作を行う「ワイヤー駆動」の技術を独自に開発した。2018年3月にはコンセプトモデルの「MELTANT-α(メルタント・アルファ)」を発表。さらに数年以内には次のモデル「MELTANT-β(メルタント・ベータ)」を実現させることも明らかにした。

 MELTANT-αが今までの遠隔操作ロボットと異なる最大の特徴は「手」である。一般的な遠隔操作ロボットのハンド部分 は、人間と比べて非力で大きい。MELTANT-αの手は「人とロボットのギャップはどこから生まれているのか」という疑問から人間の筋肉と腱の構造を徹底的に分析し、人間の手を“模倣”することで着想を得たという。