デジタルマーケティング支援のプレイド(東京・品川)は2018年4月17日、Web接客ツール「KARTE(カルテ)」を大幅に機能拡張した。新たな機能の多くは顧客の理解に焦点を当てて開発した。KARTEはWebサイトの利用データや購買データなどが、Cookieや導入企業の会員IDなどにひも付いて、一人ひとり個別に管理できるのが特徴だ。これまでも、その特徴を生かして、チャットやポップアップによるクーポンを顧客ごとに出し分けるといった施策を可能にしてきた。資生堂やキリン、ミズノなどがECサイトやブランドサイトに導入している。刷新版のKARTEでは顧客の行動分析の機能を強化。従来より顧客の心理を細かく分析して、マーケティング施策に生かせるようにした。

「KARTE」の「ライブ」機能を使えば、リアルタイムに訪問者の利用画面を見ながらWebサイト上で接客が可能になる

 新機能のうち、特にユニークなのが「ライブ」だ。この機能は、サイトの訪問者が実際にサイトを利用している様子を動画を通じて分析できるもの。訪問者の閲覧画面や行動データをリアルタイムに解析して、実際に利用している画面とほぼ同じ形で再現した動画を管理画面で見られる。訪問者がサイトを利用しているその瞬間を、まるで後ろから眺めているかのように分かるのだ。