2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュ出身の経済学者ムハマド・ユヌス氏と吉本興業……。こんな意外な組み合わせで進めようとしているのは「ソーシャルビジネス」の日本社会への定着だという。

06年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュ出身の経済学者ムハマド・ユヌス氏

 ソーシャルビジネスとは、貧困や環境破壊など、さまざまな社会問題の解決に企業のビジネス活動を通じて取り組むこと。ユヌス氏は国連や大学、多国籍企業などとパートナーシップを組み、世界中でソーシャルビジネスを実践している、この分野における世界的なリーダーの一人だ。ユニクロが10年から展開しているソーシャルビジネス「グラミンユニクロ」もユヌス氏が設立したNPOと連携している。