NECソリューションイノベータ、極洋、極洋食品および東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センター(東北大IIS研究センター)は水産加工品の生産工程でAI(人工知能)技術を使ったカメラによる画像解析の実証実験を行い、個数計測と、形状や仕上がりが規定外の「2級品」検出の精度が99%以上となる結果を得た。2019年度には自動で2級品を除去することを目指す。

 水産加工工場の生産ライン上の2カ所で、エビなどの原料が流れる調理工程と、フライ調理された後の工程で実験を行った。AIが個体数計測と、1級品(エビであれば人差し指大の勾玉状)および2級品(形状不良やくっつき品)を判定するもの。2級品はラインを毎秒15~20枚撮影し、画像1枚当たり解析速度0.05秒以内で判定。技術員の目視による検出個数とほぼ同じ水準の99%以上の精度で検出できたという。

エビフリッター生産ラインでの実験イメージ
2台のカメラが撮影するエリアはそれぞれ約600mm四方。実験期間の任意の10分間で、調理工程を流れた7046個のうち7036個をAIが計測(出所:NECソリューションイノベータ)

 エビフリッターの場合、フライ調理前は素のエビである一方、調理後の工程では衣が付いているため、画像判定のAIにはそれぞれ別の教師データで学習させた。データは極洋がNECソリューションイノベータに提供した。実験の対象はエビフリッターのほか、コロッケ、かにかまフライの合計3種類の加工品。