←第1回 究極の切れ味を求め、随所にこだわりの職人技